パールホワイトPRO EXプラスを成分からみた効果

美容歯科でも使われるメイン成分

 

パールホワイトにおけるホワイトニングのメイン成分は、「ポリリン酸ナトリウム」「メタリン酸ナトリウム」「DL-リンゴ酸」です。

 

ポリリン酸ナトリウム、メタリン酸ナトリウムは、ステインと歯のエナメル質の隙間に侵入してステインを浮かせる働きをし、DL-リンゴ酸はタンパク質の分解効果で歯の汚れを分解する働きをします。

 

歯に汚れが付着して固まってしまっているのが黄ばみなどの主な要因ですから、これを浮かせて取り除くことによってホワイトニングを実現します。そのため、研磨剤を使うことなくしっかりしたホワイトニングが可能です。

 

 

薬用成分IPMPで歯周病予防

 

パールホワイトでは、薬用成分としてイソプロピルメチルフェノール(IPMP)を使用。これは非常に殺菌効果の高い成分で、IPMPの働きによって、歯や歯茎を汚く見せてしまう歯周病を予防してくれます。

 

歯周病になると、口の中に雑菌が増えてしまい、虫歯なども生じやすくなり、口腔環境が乱れやすくなって歯の汚れやニオイが目立つようになってしまいます。普段からしっかりオーラルケアができていれば、歯の汚れやニオイを恐れることはありませんね。

 

 

天然由来の爽やか成分で口腔ケア

パールホワイトでは、シャクヤク、ホップ、ビワ葉、ノバラといった植物成分で、口腔環境をやさしくケアしていきます。天然成分による抗菌効果や、潤いを保つ効果、防臭効果によって、口の中がいつもスッキリして、雑菌の増殖を予防します。

 

口臭が出るようになるひとつの理由は口内の乾燥ですから、これを防ぐことで雑菌の増殖を抑えて口のニオイを防ぎ、口の中のネバネバも取り除きます。また、これらにはメラニンの抑制や、美白効果もありますから、歯の白さを生み出してホワイトニングにも有効に作用します。

 

美容歯科も注目↓↓