ちゅらトゥースホワイトニングを成分からみた効果

実力派のホワイトニング成分

ちゅらトゥースホワイトニングは、健康で白い歯を作り出す効果の高い商品です。その効果を支えている主なホワイトニング成分が三つあります。

 

 

そのひとつは、「リンゴ酸」です。リンゴから抽出される成分ですが、これは着色汚れの解消に効果的で、かつ着色汚れが再び歯に付着するのを防ぐ効果があります。リンゴ酸は歯の着色汚れを浮かせることができることから、ホワイトニング歯磨き粉の中でも利用頻度が高まっている成分です。

 

そして、「PAA(ポリアスパラギン酸)」もまた、ホワイトニング効果のある成分です。PAAのアミノ酸高分子が、口臭や歯の汚れの原因になるタンパク質と反応して固まり、着色汚れを落としやすい状態にしてくれます。

 

 

通常なかなか取れない汚れを、浮かせて剥がし落としてくれますから、今まで取れなかった汚れも落ちるようになります。普段私たちが摂取している「ビタミンC」も、実は歯の健康を守ってくれる重要成分で、この働きによって歯を白く保つ効果があることがわかっています。歯茎の健康維持のためにも有効です。

 

 

虫歯リスクを減らす「GTO」

 

虫歯の発生のメカニズムですが、食事の食べかすなどを口の中に住むミュータンス菌などの虫歯菌が摂取して増殖する際に作る酸が歯のエナメル質を溶かしていくことで虫歯となります。

 

この虫歯の原因菌が増殖したり酸を作る際に作り出す酵素がありますが、それをGTaseと言い、ちゅらトゥースホワイトニングではこのGTaseの働きを阻害するGTOという成分を使うことによって虫歯を予防しています。

 

GTOはウーロン茶抽出物とホップエキスという自然の抽出物から作られた安全な成分で、それでいてしっかり虫歯のリスクを減らしてくれます。歯磨きだけでは、歯垢は落とせても、ミュータンス菌の数は減らせず、なかなか虫歯の予防効果は現れにくく、GTOのように菌に対しての働きかけも必要です。

 

 

口腔環境を守る成分たち

 

また、歯茎の腫れや歯肉炎といった、見た目も悪くし、時には口臭の原因となってしまうトラブルもしっかりケアしてくれます。

 

アラントインは歯茎の炎症を抑えて腫れを鎮める効果があり、またシメン・5・オールはその優れた殺菌作用によって、口の中の雑菌の働きを抑制して口臭や歯周病の原因となる菌を抑制します。

 

口腔環境が良くなれば、それだけお口のトラブルは少なくなりますから、一本で多くの効果が現れるのは嬉しいですね。

 

芸能人も愛用↓↓
9879