ビースマイルを成分からみた効果

汚れを浮かせて落とす「ポリアスパラギン酸ナトリウム」

 

ビースマイルのホワイトニング効果は、歯の着色汚れを浮かせて落とすことによって得られるものです。そのために使用されている成分がポリアスパラギン酸ナトリウムです。

 

これはアミノ酸の一種なのですが、高分子のアミノ酸で、汚れを包みこんで逃がさず、そのまま洗い流すことが可能になります。体にも優しい成分ですから、歯をホワイトニングすることで、歯や歯茎に負担をかけるということがありません。

 

 

歯の汚れを防止する「リンゴ酸」

 

歯の汚れの防止効果が高いリンゴ酸を配合しているのも特徴です。リンゴ酸はその名の通り、リンゴから抽出できる成分ですが、これは歯に付着したタンパク質を分解して汚れを落としやすくし、さらに再度汚れが付着するのを防ぐという優れた効果を持っています。

 

また、雑菌を殺菌する効果も持っているので、口腔環境の改善にも効果的です。当然、植物性の成分ですから体にも優しく安心です。

 

 

薬用成分「イソプロピルメチルフェノール」

ビースマイルは薬用歯磨きですが、その薬用成分のひとつが、イソプロピルメチルフェノールです。多くの医薬部外品に利用されている成分ですが、その効果は高い抗菌作用です。口腔トラブルの大多数は口内の菌の活動によって生じますが、これをしっかりとブロックすることによって、虫歯や歯周病、口臭などを止めてくれます。

 

基本的に濃度が一定以下なら人体に影響はなく安全であると厚生労働省からも認められているものですから、使用による害はないと考えてよいでしょう。

 

 

口内のリスク要因を減らす「GTO」

 

ビースマイルの特徴のひとつが、GTOという新成分を使用しているところです。これはGTaseと呼ばれる不溶性多糖類合成酵素という酵素の働きを抑えるもので、ウーロン茶の抽出物などから合成されています。

 

口内の菌たちがこの酵素を作り出すことによって、歯の汚れや酸が作られるようになって虫歯などのリスク要因となりますから、これを阻害することでトラブルを予防することが可能です。

 

 

歯周病・口臭に有効な成分

ビースマイルにはアラントインやシメン-5-オールといった、殺菌成分、抗炎症成分が含まれていて、口腔環境を良好に保ち、歯周病や口臭などのトラブルを予防します。

 

 

使い心地を高める植物エキス

 

たくさんの植物エキスは、口腔環境を整えたり、歯のホワイトニングを助けつつ、爽快な使い心地を支えてくれています。ステビアやメントール、キシリトールは歯の健康を支えつつ、風味や香りを良くしてくれますし、チャエキスやオウゴンエキス、シャクヤクエキス、カンゾウエキス、ウーロン茶エキス、紅茶エキスは、爽快さと共に、口腔内の雑菌を除去し、強い歯や歯茎を作り出す効果があります。

 

信頼の薬用ブランド↓↓