研磨剤が無くてもホワイトニングは可能?

ホワイトニング歯磨き粉の仕組みは、歯の表面に付着しているステイン(着色汚れ)を取り除くことで、歯を白くするというものです。このステインを効率的に取り除くために、研磨剤が使われています。

 

研磨剤を入れることによって、汚れを削り落とし、歯をキレイに保つのです。しかし、それは歯も一緒に削ることになりますから、歯の健康を考えると良いことではありません。研磨剤を使わないホワイトニングは可能なのでしょうか。

 

研磨剤を使わないホワイトニングもある

歯の研磨剤を使わずとも、ホワイトニングは可能です。歯磨き粉だけでなく、多くのホワイトニング商品には、歯を削る成分が含まれていますが、これは直接的に歯を白く漂白するような薬剤の使用は、法律によって歯科医以外には認められていないからです。

 

ホワイトニング歯磨き粉の中には研磨剤を使うことなく、化学的な方法によって歯の汚れを分解したり浮かばせて吸着することで、歯へのダメージを少なくできる商品も存在します。

 

また、ホワイトニングの先進国であるアメリカでは、一般の人々の間でも薬剤を用いてホワイトニングができるアイテムがあり、広く普及しているそうです。研磨剤を使うことだけがホワイトニングではないのですね。

 

 

研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉はニーズがある

どうして研磨剤入りのホワイトニング歯磨き粉が多いのかといえば、単純にニーズがあるからです。歯についた汚れを落とす。すると歯が白くなる。

 

この単純でわかりやすい理論を否定する人はおそらくいません。だからこそ、効果がありそうだと求めますし、実際それで歯が白くなる人も多いのです。

 

 

デメリットにも目を向けるべき

一方でデメリットは軽く見られがちです。歯は非常に強いものですし、まさか歯磨きくらいで削れるなんて。そのように思っている人も実際多いのです。

 

しかし、歯は食事などで噛めば削れ、歯を食いしばれば削れ、虫歯菌が酸を作れば削れ、歯ブラシで擦られては削れます。そこに研磨剤まで加われば、さらに削れる速度は早くなります。

 

それが歯の象牙質を露出させて歯を黄色く見せることや、歯周病などの原因になって歯や歯茎の状態を悪くしてしまうことは、それほど意識されていません。研磨剤を使わないホワイトニングが出てきているのは、そういったデメリットにも光が当たってきたからです。

 

本当に一時期だけ使うのなら、研磨剤が入っていてもさほど問題はありません。ただ、長期になりそうなら、避けた方が良いのは間違いないのです。

 

関連ページ

歯のホワイトニング、歯磨き粉とジェルの違い
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
歯磨き粉の正しい量、知ってますか?
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
ホワイトニングの白さが不自然な理由
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
電動歯ブラシはホワイトニング効果がある?
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
歯磨き粉でホワイトニングは可能なのか
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
重曹歯磨き粉は本当に歯が白くなるの?
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
なたまめ歯磨きはホワイトニングに有効?
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。
光を当てながら歯磨きをすると歯が白くなる?
ホワイトニング歯磨き粉を使い、自宅で簡単に驚きの白さへ。ホワイトニング歯磨き粉を効果的に使うための方法をお伝えします。また、人気のおすすめ商品をランキング形式でお伝えします。