白い歯は心まで明るくさせる

芸能人だけでなく、誰にとっても歯は命です。

 

自分の歯が汚い状態であれば嬉しい気はしませんし、逆に自分の歯が白く美しい状態であれば気分が良いものです。

 

しかし、色々な理由から歯の色に変化が生じてくることがあります。

 

歯に茶色いシミができたり、歯が黄ばんできたりすると、年齢を感じてしまったり、自分に自信がなくなってしまったり、、ネガティブになることもあります。

 

 

歯が変色する原因

歯の変色の原因は、大きくは、

・コーヒーや紅茶など、食品による着色汚れ
・タバコのヤニによる着色
・虫歯や歯周病による、歯のトラブル
・加齢による歯の状況の変化

が主な理由です。

 

最も多いのが着色汚れや、タバコの影響による着色ですが、これらは日々のブラッシングによって予防もできますが、色素や歯の汚れが長く残ってしまうと沈着してしまい、落ちにくくなります。

 

虫歯や歯周病が進行して神経にまで至ると、炎症などが生じ、神経が腐って茶色や黒っぽい色に変色が生じることがあります。

 

 

また、人間の歯の内側にある象牙質はもともと黄色いため、歯は自然な状態ではやや黄色くなっているものです。

 

歯表面のエナメル質は加齢で徐々に薄くなり、黄色が強く出て、歯が黄ばんで見えるようになってしまうこともあります。

 

 

歯を白くするには?

歯を白くするためには、上記の原因の解消が必要で、
・着色汚れを除去する
・歯そのものを漂白することで白くする

 

といった対応が必要となります。

 

このうち、歯の漂白効果のある成分を用いて白くすることは、日本においては薬事法の関係で歯科医しか行なうことができません。

 

歯科医への通院は高額の費用や、何度もの通院がネックです。

 

着色汚れの除去については、歯科医院でも行なえますが、専用に開発されたホワイトニング歯磨き粉によって、自宅でも可能になっています。

 

 

通常の歯磨き粉よりも着色汚れの除去に特化した歯磨きアイテムは、効率的に着色汚れを除去する作用があり、かつ歯科医院での治療よりも低コストです。

 

また、ホワイトニング」歯磨き粉は自然な形で歯を白くしていくことが可能です。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

ホワイトニング歯磨き粉は現在、多くの商品が市販されています。

 

中でも最新の研究を元に作られたホワイトニング歯磨き粉はより安全で、より歯の白さを取り戻す効果が期待できます。

 

商品選びのポイントは、

・着色汚れを落とすための仕組み
・トータルなオーラルケアへの配慮
・使いやすさ
・安全性

などがあります。

 

数ある市販品の中から、専門誌や総合サイト、販売実績やクチコミなどを比較し、ランキング形式にしたので紹介させて頂きます。

 

ホワイトニング歯磨き粉|人気おすすめ商品ランキング

はははのは

「はははのは」は、歯のホワイトニング効果と共に、安全性に非常にこだわりのある歯のためのホワイトニングジェルです。

 

製薬会社との共同開発で作られたこの商品は、ホワイトニングに有効な成分で歯の着色汚れを浮かばせて落としていきます。

 

口腔環境もケアできる成分を多く含んでおり、お口のニオイやネバネバもしっかりケアしてくれます。

 

植物性の成分が非常に多く使われていますが、その原料も無農薬にこだわっており、製造段階でも多くの添加物を除去し、ムダのない作りに仕上がっています。

 

美容と健康、両方にこだわりたい人に理想的なホワイトニングジェルの登場です。

 


価格 容量 評価
定期初回 1,980円 30g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

ちゅらトゥースホワイトニング

ちゅらトゥースホワイトニングは歯の美容液として、厚生労働省から認可された医薬部外品です。歯磨きにプラスすることによって、虫歯予防、歯周病予防、歯のホワイトニングと、幅広い効果を期待することができます。

 

歯を磨いて汚れを擦り落とすのではなく、ポリアスパラギン酸やリンゴ酸の作用によって、歯の着色汚れを浮かせて落としてくれますから、歯を丈夫な状態に保ちつつ、ホワイトニング効果を期待できます。

 

一般的なホワイトニング歯磨き粉よりも効果を実感しやすく、また効果が見えるのが早いと評判で、利用者からも好反応のようです。お口の汚れが気になる方にとって嬉しい商品と言えそうですね。

 


価格 容量 評価
定期 3,980円 30g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

レディホワイト

薬用「レディホワイト」は毎日の歯磨き粉のかわりに使える歯の美容液です。

 

自然素材のナチュラルパワーで、着色汚れやタバコのヤニなどで黄ばんだ歯を美しい白さに戻し、口臭を防止してくれる嬉しいジェルタイプの商品です。

 

有効成分が歯に付着した汚れを包みこんで浮かせて落としてくれるので、ゴシゴシ磨かなくてもしっかり歯のホワイトニング効果を実感できます。

 

口臭や虫歯予防、歯周病予防にも効果のある成分を含んでいて、口腔環境を整える上でも効果的です。

 

毎日の歯磨きがワンランク上になる薬用レディホワイトは、持ち歩きにも便利で使う際にも負担がありません。安心と安全、お手軽さを備えた嬉しい歯のホワイトニング美容液です。

 


価格 容量 評価
定期初回 2,750円 30ml (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

オーラパール

オーラパールは、歯のホワイトニングを考えている人のための薬用ホワイトニング歯磨き粉です。

 

従来のホワイトニング歯磨き粉は、ホワイトニングの機能に特化していましたが、オーラパールでは歯周病や虫歯予防のような基本的な口腔ケアも可能な配合にし、総合的に歯を美しく健やかに守ってくれます。

 

歯についたステインをしっかり落としつつ、かつ歯の再石灰化を助けるハイドロキシアパタイトが歯を再生。白く健康的な歯を取り戻します。

 

一本で歯のトータルケアができますから、必要以上に歯磨きに時間を取りません。歯の白さを求める人にとって理想的な薬用歯磨き粉と言えるでしょう。

 


価格 容量 評価
初回 1,944円 75g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

パールホワイトPRO EXプラス

「パールホワイトPRO EXプロ」は、薬用ホワイトニング歯磨きとして、非常に個性的な商品で人気があります。

 

有効成分の働きによって歯についたステインを浮かせて落としますから、歯を削るようなこともありませんし、歯に染みて痛みを感じることもありません。

 

発泡剤を使わず、安全性を高め、効果的なブラッシングを促します。それでいて、しっかりと、そして早く効果を実感できるのが特徴で、利用者の半数以上は一回目から効果を実感することができると言います。

 

歯のホワイトニングだけでなく、歯周病や口臭対策にも効果的で、歯に関する悩みの多くを解消してくれるので、有用性の高い商品です。歯に関する悩みのある方ならチェック必須と言えるでしょう。

 


価格 容量 評価
定期初回 3,240円 30ml (約2〜3週間分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

ビースマイル

食品の色素や加齢による色素の沈着が、歯の美しさを妨げている、そういう悩みを持つ方に指示されているのが薬用「ビースマイル」です。

 

ジェルとタイプと液体タイプに二種類があり、いずれもホワイトニング効果に虫歯・歯周病予防・口臭予防効果を備えています。

 

天然成分を主体に作られている他、研磨剤も不使用になっていますし、多くの合成添加物も不使用になっていますので、歯や歯茎の健康を損なうことなく、憧れのホワイトニングを実現することが可能になっています。

 

毎日の自宅ケアがはかどるようにしてくれるビースマイルは、歯の着色汚れに悩む多くの人にとって強い味方になるはずです。

 


価格 容量 評価
定期初回 2,400円 30g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

パールホワイトプロシャイン

薬用パールホワイトプロシャインは、歯のホワイトニング効果に優れた、医薬部外品の歯磨きペーストです。

 

三つの有効成分によるトリプルホワイトニング製法で、しっかりと歯のステインを浮かせて落としてホワイトニングを実現。

 

それだけでなく、薬用成分IPMPや天然由来成分が、虫歯や歯周病の元になる口の中の雑菌などを退け、口内を爽やかに保ちます。

 

毎日の歯磨きの際に、適量を歯ブラシに取ってブラッシングするだけで、しっかりとした効果を実感することができます。

 

多くの人が効果を実感し、クチコミでも非常に評判の良い商品です。

 


価格 容量 評価
2,140円 120g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

ブラニカ

ホワイトニング歯磨きジェル「ブラニカ」は、歯の汚れを効果的に落とすとして話題になっている商品です。

 

最近、リニューアルされるようになって、従来製品よりも1.7倍の効果を発揮。より高品質なホワイトニングジェルに生まれ変わりました。

 

その秘密は、従来のポリリン酸に加えて、汚れを浮かせて落とすピロリン酸を配合し、加えて板状ハイドロキシアパタイトが歯を白く作って従来以上の輝きに。これらの成分が濃密な泡によって歯を覆って効果を発揮します。

 

虫歯予防や歯茎の引き締めといったオーラルケアにもしっかり対応。毎日の歯磨きで歯を白くしたいと考えている方なら要チェックです。

 


価格 容量 評価
定期 2,430円 30g (約1ヶ月分) ホワイトニング,歯磨き粉,おすすめ

 

「はははのは」が1位の理由

オーガニック素材で、今人気急上昇中のホワイトニングジェルが「はははのは」です。歯の黄ばみや口臭で悩む多くの声を集め、製薬会社と共同開発されました。

 

歯の汚れを浮き上がらせるだけでは不十分と考え、植物性の自然派成分を豊富に配合することで、他を圧倒する効果が見込めます。

 

また、継続し利用することで、さらなる白さUPが期待できます。毎日使うものなので、オーガニック素材で徹底的優しい素材にこだわりました。

 

圧倒的な人気と販売実績が、その実力を証明しています。10日間の返金保証もあるので、まずは1度試してみるのがいいかもしれませんね。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉 一覧表

※画像をクリックすると拡大します

歯の白さが失われる原因

歯を白くしたいと思ってホワイトニング歯磨き粉を利用している人は多いですが、そもそもどうして歯が白さを失ってしまうのでしょうか。その原因について考えてみることにしましょう。

 

歯の黄ばみ

歯の黄ばみは歯の白さが失われるひとつの要因で、実際にこれが気になっている人は多いと思います。この歯の黄ばみというのは、基本的に歯の象牙質の色が見えている状態です。

 

歯の表面は透明なエナメル質が覆っていて、その中にやや黄色がかった象牙質があります。エナメル質は透明なので、その中が透けて見えるのですが、老化などの影響でエナメル質がだんだん薄くなってくると、象牙質が目立つのです。

 

その他にも、研磨剤の含まれている歯磨き粉で頻繁に、または強くブラッシングすることで、エナメル質が徐々に磨耗していきます。基本的にホワイトニング歯磨き粉はこういった歯の黄ばみを落とすことはできません。

 

 

食物からの色素沈着

食物からの色素沈着は歯の汚れの主な原因で、いわゆるホワイトニング歯磨き粉というのはこれらを落とすことで歯の色を白く見せる効果があります。

 

原因になるのはコーヒーや紅茶、ワインなど、色の強い食品で、これらの食品の色素が歯の表面やプラークなどに沈着することで、なかなか取れない着色汚れとなってしまいます。

 

歯が汚れることは誰しもありますが、そこで素早く落とすことが大切です。普段、色の強い食品を摂取する機会が多い人は、お水を合間に飲むようにしたり、軽くうがいや歯磨きをする時間を増やしましょう。

 

 

タバコのニコチンの黒ずみ

タバコに含まれるニコチンは、徐々に歯にもその色が沈着して茶色くしてしまいます。タバコのニコチンは歯の奥にまで沈着していくので、歯が腐ったように色づいていくので、見た目にかなり良くありません。

 

タバコ好きな人は缶コーヒーが好きな人も多いですが、これは含まれる糖分が歯の表面を溶かす方向に働きやすく、歯の奥にまでニコチンやコーヒーの色素が入り込み、奥深くに着色しやすいので、歯にとっては非常に危険な組み合わせでもあります。

 

健康の観点から見ても良いことはあまりありませんから、早めに節煙・禁煙に取り組みましょう。

 

 

歯の細かい傷

直接色をつけることはありませんが、歯の表面についた細かい傷は要注意です。これらが増えてくると、その傷の部分に汚れや色素が付着しやすくなり、そしてブラッシングも届きにくくなるので、色素が沈着しやすいのです。

 

対策としてはできるだけ歯磨きやうがいなどをしっかり行なうことと、唾液の分泌を増やすようにして、歯の再石灰化を促しましょう。

 

⇒【ホワイトニングの基礎知識】一覧に戻る

 

ホワイトニング歯磨きのメリットとデメリット

歯の黄ばみを解消したいと思う人は、歯医者に行くべきか、それとも自宅でホワイト二ング専用歯磨き粉を使うか、その間で悩むことが多いことでしょう。

 

ホワイトニング歯磨き粉を使った場合に、歯医者に通う場合と比較して、どのようなメリット・デメリットがあるのか考えてみましょう。

 

メリット

ホワイトニング歯磨き粉を使う最大のメリットは、低コストで歯を白くすることができるということです。歯医者さんに行くと、数回は通院することになりますし、歯のクリーニングや、必要に応じて虫歯の治療など多くの提案がついてきます。

 

それが時間的にも精神的にもわずらわしい場合もあるでしょうし、費用もかかることですから、ホワイトニング歯磨き粉は気楽で低コストでできるメリットが大きいのです。

 

また、ホワイトニング歯磨き粉を使うと、基本的に急激に白くなることはありませんから、いつも会っている人から見ても違和感がありません。

 

そして、普通の歯磨き粉と比べても品質も高く、歯や歯茎の健康を守るためにも有効ですから、普段の歯磨きの質も向上します。

 

デメリット

デメリットとして最も大きいものは、やはり歯科医で行なわれる施術と比べると、効果の確実性が乏しいところです。

 

歯科医の場合は、着色汚れの原因となるステインを取り除くだけでなく、歯の元の色に合わせたホワイトニングを行なうこともできますから、より高いホワイトニング効果が期待できます。

 

また、デメリットの中には、品質がイマイチで、歯を研磨剤で擦って傷つけてしまうものもあるということです。こういうものは短期的には歯をきれいにしますが、長期的には歯を傷つけてそこにステインが付着しやすくなりますので注意です。

 

そして、効果には即効性が無いのはメリットでもありますがデメリットでもあります。結婚式など、急いで歯を白くしておきたいイベントがある場合には、あまりホワイトニング歯磨き粉は向いていないのです。

こういったメリット、デメリットがあることを十分考えた上で、自分のスタイルに合った方法を選択するようにしましょう。

 

⇒【ホワイトニングの基礎知識】一覧に戻る

 

ホワイトニング歯磨き粉の選び方と効果

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

そういった効果を持つホワイトニング歯磨き粉ですが、研磨効果は歯や歯茎を傷つける原因にもなることを覚えておきましょう。そして、選ぶためのポイントは、「歯や歯茎を傷つけない」そして「着色汚れをよく落とせる」ことです。

◎研磨剤は粒子が小さいものを

 

研磨という観点で考えると、研磨剤の粒子が粗いほど、研磨力は強いですが、逆に歯や歯茎を傷めることになってしまいます。

 

粒子は小さい方が細かい部分にも入っていけますし、刺激も少ないので有効です。粒子をミクロ化している歯磨き粉があれば、そういった商品を選ぶのが良いでしょう。

 

 

◎着色汚れを浮かす・分解する成分を含むものを

 

また、汚れを落とすとなると、ゴシゴシ磨くというのが一般的ですが、それだと歯や歯茎は傷だらけになってしまいますよね。

 

そうならないためには、力を入れずとも着色汚れを落とせることが肝心です。これは洗剤や石鹸などでも同じ考え方になるわけですが、そのために「汚れを浮かす、分解する」成分が含まれているものを選びましょう。

 

最近はイオンや酵素によって汚れを浮かしたり分解するものが増えています。このようにできれば、それだけ磨くところに力を入れなくても汚れが落ち、歯の本来の白さが際立つようになるはずです。

 

歯や歯茎の健康のためにも、そういった成分が含まれたものを探しましょう。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果

いわゆるホワイトニング歯磨き粉の効果というのは、基本的に研磨剤によって歯の表面の着色汚れを落とすということです。コーヒーなどの飲み物や、タバコによって歯の表面が汚れてしまうと、見た目にも悪いですから、それを落とすことができれば、歯は輝きを取り戻すようになります。

 

しかしながら、注意しなくてはならないのは、「着色汚れを落とす」のであって「歯を白くするのではない」ということです。歯に色がつく原因は他にもあって、たとえば人間は年齢を重ねると、歯の象牙質の色がより強くなって、歯が黄色くなっていくのです。

 

 

ホワイトニング歯磨き粉の効果は、着色汚れを落とすことですから、元の白さ以上には白くならず、こうした原因の歯の黄ばみには効果がありません。ちなみに、歯科医で行なわれているホワイトニングには、実際に歯の漂白を行なう施術もありますから、様々なトラブルに対応可能です。

 

海外では漂白効果のある成分が含まれた歯磨き粉も販売されていますが、日本の薬事法では禁止されているため、国内販売はされていません。個人輸入などで入手することはできますが、自己責任になりますし、あまりお勧めはできません。

 

⇒【ホワイトニングの基礎知識】一覧に戻る

 

成分は何が入ってる?

美観を損ねる歯の着色汚れを除去してくれるホワイトニング歯磨き粉は非常に頼もしいものですが、その成分が気になることは無いでしょうか。

 

よく歯を白くするが、表面を削ってしまうという話もあります。自分が使っているホワイトニング歯磨き粉について、きちんと理解することは歯の健康を守ることにも繋がります。

 

どのような成分が使われているのか、代表的なものをいくつか見てみましょう。

研磨剤

多くのホワイトニング歯磨き粉には研磨剤が成分として含まれています。これが歯垢や色素汚れのステイン、タバコのヤニなどの汚れを落とすのですが、基本的にこれらだけを磨いて落とすようなものが利用されています。

 

人間の歯のエナメル質は非常に硬度が高く、研磨剤の成分としてよく使われる、重質炭酸カルシウム、ヒドロキシアパタイト、燐酸水素ナトリウムなどでは、歯のエナメル質を磨くことはできても削ることはできません。

 

ですから、歯が削れる、薄くなるということを心配する必要はありません。

 

 

発泡剤

研磨剤ばかりがホワイトニング歯磨き粉では話題になりますが、実は発泡剤も大切な成分です。歯磨き粉が泡立つことによって、泡が口の中にいきわたりますし、それによって含まれている殺菌成分や、抗炎症成分などが全体に作用します。

 

歯茎などは直接磨く人は多くないと思いますが、歯磨きの中で泡が届くことによってその成分が作用できるのです。

 

 

虫歯予防成分

歯磨きの目的は虫歯予防ですから、基本的にホワイトニング歯磨き粉だとしても、虫歯を予防するための成分や歯周病などを予防する成分は含まれているものです。

 

フッ化ナトリウム、フッ素などが虫歯には有効で、歯周病や歯肉炎に対しては、酢酸トコフェロール、β-グリチルレチン酸、サリチル酸メチルなどが使われていることが多いです。

 

 

ホワイトニング成分

ホワイトニング効果をもたらすとして配合あれているものは、ポリリン酸ナトリウム、ポリエチレングリコールなどで、海外の歯磨き粉の中には漂白効果のある過酸化水素が使われているものもあります。

 

ポリリン酸ナトリウムは歯科医でも利用されることがある成分です。ただし、当然ながら安全性を考えて濃度は低くなっています。

 

⇒【ホワイトニングの基礎知識】一覧に戻る

 

ホワイトニング歯磨き粉の正しい使い方

このホワイトニング歯磨き粉は独特の特徴がありますから、普段の歯磨きと同じようにしていてはいけません。ホワイトニング歯磨き粉の正しい使い方について確認してみましょう。

 

歯をゴシゴシ磨かない

ホワイトニング歯磨き粉では、歯の着色汚れを落とすことによって歯を白く見せる作用をします。

 

だからと言って歯をゴシゴシ磨くのはよくありません。ホワイトニング歯磨き粉の多くは、着色汚れをよく落とせるように、普通の歯磨き粉よりも強い研磨剤が入っています。

 

そのため、あまりゴシゴシ磨いてしまうと、歯の表面を傷つけてしまい、その部分に新たな着色汚れや歯垢が入りこんでしまいます。また、歯や歯茎を傷つけて健康を損ねたり、再石灰化が進まなくなることもあるからです。ですから、優しく磨くという意識でブラッシングをしましょう。

 

 

水はあまりつけない

ホワイトニング用の歯磨き粉は、普通の歯磨き粉ほど香料や発泡剤が入ってません。これはどうしてかと言うと、これらを入れると、その風味や使用感の問題から水がほしくなってしまうからです。

 

水が加わると、どうしても成分の濃度は薄くなってしまいますから、着色汚れを浮き上がらせて落とす効果が弱まってしまいます。

 

また、泡が多くなるとブラッシングができた部分とそうでない部分がわかりにくく、磨き残しの原因になりますから、水はあまりつけないようにしましょう。

 

 

できればフッ素などでコーティング

ホワイトニング歯磨き粉では研磨剤の働きによって、歯に細かい傷が生じやすくなります。これが虫歯や新たな着色汚れの温床となりますから、歯をコーティングしてくれるフッ素や、歯の再石灰化を促す成分を塗布して、少しでもこのダメージがトラブルに繋がらないようにしましょう。

 

⇒【ホワイトニングの基礎知識】一覧に戻る